【POG】マオノジーナスデビュー!(デアリングタクトの全妹)

【POG】マオノジーナスデビュー!(デアリングタクトの全妹)

リムクロのPOG指名馬である『マオノジーナス』が、2020年9月20(日)にデビュー!これで指名馬のデビューは5頭目となります。

マオノジーナスは、エピファネイアとデアリングバードの子です。この血統は、無敗牝馬3冠が期待されるデアリングタクトと全く同じ血統で、今年期待される1頭と言えるでしょう。

デアリングタクトが11月16日にデビューしているのに対して、マオノジーナスは2ヶ月早いデビューとなります。このため、仕上がっているのかどうかがポイントとなりそうです。

それでは、レースについて少し書きたいと思います。

レース前〜寸評〜

出走するレースは、中山芝1600mの新馬戦で、16頭が出走予定です。

馬番馬名性別年齢騎手斤量調教師種牡馬母父
11ジュンココロ2木幡巧也54畠山吉宏タートルボウルキネオダンサーディープインパクト
12クレールフォルム2吉田豊54武藤善則エピファネイアメジャーフォルムダイワメジャー
23ペイシャフェスタ2武士沢友54高橋裕マクフィスプリングフェスタゼンノロブロイ
24レジーナピアノ2菅原明良52佐藤吉勝ルーラーシップノースファンタジーアドマイヤムーン
35オショロコマ2北村宏司54勢司和浩リアルインパクトポップチャートアフリート
36セレンゲティ2横山武史54萩原清ダイワメジャーザズーTapit
47ゴールデンシエロ2大野拓弥54松山将樹タートルボウルベルシエロダイワメジャー
48ニシノラフィカ2勝浦正樹54水野貴広エピファネイアシルクアイリスディープインパクト
59ラングロワ2藤田菜七52堀井雅広マツリダゴッホプランシングレディファンタスティックライト
510マオノジーナス2田辺裕信54黒岩陽一エピファネイアデアリングバードキングカメハメハ
611ウェイヴアナリシス2内田博幸54土田稔ディスクリートキャットウェイヴランナーRaven’s Pass
612マインサファイア2黛弘人54柄崎孝バロズハートジェイケイカルミアキングカメハメハ
713ナムラモヨ2石川裕紀54稲垣幸雄ラブリーデイナムラチアーズマンハッタンカフェ
714キャンディキューブ2石橋脩54大和田成ノヴェリストワイキューブアグネスタキオン
815ハンデンクィーン2岩部純二54加藤和宏グラスワンダーカデンツァサンデーサイレンス
816エレフセリア2丹内祐次54武藤善則アンライバルドマイネリベルタスコンデュイット

マオノジーナスとデアリングタクトは、育成している厩舎が違います。デアリングタクトは調教師リーディング上位の杉山晴紀厩舎ですが、マオノジーナスは現在131位の黒岩陽一厩舎です。黒岩陽一厩舎にとっては、願ってもない大チャンスですよね。

黒岩厩舎のデータを見てみますと、夏・秋競馬での成績が非常によく、2歳の9月までの複勝率は30%にも及びます。預かっている競走馬の数は多くありませんが、調教に不安はなさそうです。ただし、冬から春にかけての成績は悪いため、注意が必要ですね。

出走メンバーを見ると、絶好調・横山武史騎手を乗せたダイワメジャー産駒の『セレンゲティ』が、マオノジーナスに次いで有力と見ています。

1600mという距離は、エピファネイア産駒であるマオノジーナスにとっては得意な距離です。後は、気性に問題がなければ、問題なく勝てると思っています。気性はパドックで確認しましょう。

私は今回もPOG馬主として、マオノジーナスの単勝で勝負したいと思います。楽しみですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました